FC2ブログ
topimage

2020-03

台湾 焼物とお茶の魅力に触れる旅Ⅳ Enjoy Pottery and Tea in Taiwan Ⅳ - 2014.03.24 Mon

台湾でも、以前は粘土瓦の製造が行われていましたが、
現在は日本やヨーロッパからの輸入が主となっています。
製瓦業はなくなりましたが、陶器・磁器の製造は現在でも盛んです。

鶯歌陶瓷老街は陶磁器の街
煉瓦つくりの風情ある古い街並みに陶磁器屋さんが軒を連ねています。
T60.jpg

こちらは、新北市の三峡老街
T59.jpg

三峡老街にある寺院の屋根。
台湾製の中華瓦です。細かい装飾が素晴らしい♪
T55.jpg

日本の瓦は、公共施設などにも多く使われていますが、
街中のアパートや公園のアーケードの装飾にも使われており、
台湾では身近な存在となっているようです。
美しい日本の文化を海外で目にすることができるのは嬉しいことですね。
DSCN8520.jpg

DSCN8522.jpg

フランス製イメリス瓦‟プランシュッド”で葺いた学校です。
尖石會來溫泉渡假村-楓丹991112 019


台湾最終日。
思いがけず、お忍びで台北にいらしていた、
うどん県MアーキテクトのK子さんとランチをする機会がありました♪
おしゃべりに花が咲き、気が付くと2時間経過・・・
最後に頂いた杏仁豆腐は、モッチモチの食感で大満足ヽ(=´▽`=)ノ
K子さん、楽しかったです♪ありがとうございましたm(*- -*)m
T50.jpg


台湾の皆さんの優しさと美味しいお料理&お茶と美しい焼物に触れた充実の旅でした。
皆様お世話になりました。ありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>


フランス瓦については、こちらをご覧ください。⇓

イメリスTC ジャパンサポート本部
http://www.imerys-tc.jp/
スポンサーサイト



台湾 焼物とお茶の魅力に触れる旅Ⅲ  Enjoy Pottery and Tea in Taiwan Ⅲ - 2014.03.24 Mon

今回の台湾出張は、大好きなお茶とお茶器にご縁があり・・・
お客様が、陶器のセレクトショップへ連れて行って下さいました♪

元お茶屋さんだったというご主人が、
ゲストに合ったお茶とお茶器を選んでくださいます。
T32.jpg

台湾の陶芸家さんの独創的な作品が多数並んでいます。
ディスプレイも素敵でした♪
T30.jpg

T34.jpg

T35.jpg

T36.jpg

T33.jpg

今回、頂いたお茶は・・・

蜜香烏龍茶
佛手烏龍茶
百毛猿烏龍茶

珍しいお茶と素敵なお茶器がいっぱい。
お茶好きにはたまらない場所です*^-^*

お店の名前は『山田工房』さん。
台湾に5箇所ありますが、HPはまだないのだそうです。

今回お邪魔したのは、桃園県大渓和平路34号のお店です。
ご興味のおありの方は、下記へご連絡ください。⇓

イメリスTCジャパンサポート本部
http://www.imerys-tc.jp/

台湾 焼物とお茶の魅力に触れる旅Ⅱ  Enjoy Pottery and Tea in Taiwan Ⅱ - 2014.03.24 Mon

陶器・磁器などの焼物は、ひとつひとつ表情が異なりとても魅力的です。
王社長ご夫妻のお友達である、陶芸家の黄正南さんのアトリエを訪問させて頂きました。

写真右が黄さんです。
T11.jpg

厚さ0.1ミリの超薄磁器!
世界中で黄さん唯一人が生み出すことのできる美しい芸術作品です。
T10 (2)

卵の殻のように薄い磁器であることから、『蛋殻磁』と呼ばれているのだそうです。
T17 (1)

その他、木製み見えるような陶器の急須などなど・・・
素晴らしい作品が所狭しと並んでいましたw(*゚o゚*)w
T4 (1)

竹?!かと思いきや・・・これも陶器!
黄さんはとても気さくな方で、ご自分で作品を取り出して、
ひとつひとつ丁寧にご説明してくださいました(*^^*)
T6.jpg

そして、‟ボルネオ雨林紅茶”という、珍しいお茶でおもてなしをして下さいました。
後から、作品とお茶のお値段を聞いてビックリヽ((◎д◎ ))
粗相がなくてよかったです・・・
ありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
T41.jpg


黄正南の作品について、詳しくはこちらをご覧ください。⇓
台湾や中国では、よくメディアにも取り上げられているそうです。
https://www.facebook.com/chengnan.huang


イメリス瓦も・・・焼物です(*^^*)♪
詳しくはこちらをご覧ください。⇓

イメリスTCジャパンサポート本部
http://www.imerys-tc.jp/

台湾 焼物とお茶の魅力に触れる旅Ⅰ Enjoy Pottery and Tea in Taiwan Ⅰ - 2014.03.24 Mon

台湾ではお客様を訪問すると、
‟お茶”でおもてなしをしてくださいます♪

ゆっくりと丁寧に時間をかけて淹れられたお茶の香や味、
またそれを頂く器を楽しむ‟お茶”の時間は、
大切なコミュニケーションの場となります。

T4 (2)
写真左から、林さん、王社長ご夫妻、アンジェラさんそして弊社輸出部長クリスチャンです。

台湾烏龍茶のなかでも、高山茶と呼ばれる、
阿里山などの標高の高い山で採れた茶葉は薫り高く、
香りを楽しむ為の頂き方もあるのだそうです。

初めに背の高い方のお茶器にお茶を注ぎ、
T39.jpg

それから小さい方にお茶を移しお茶を頂く。
そして、少し茶器が冷えた頃に香りを嗅ぐと・・・
より甘みをました深い香が楽しめるのだそう♪

う~ん、奥が深いです(*´∇`*)
T40.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

イメリスTC JAPAN

Author:イメリスTC JAPAN
フランス瓦の施工例や、
ヨーロッパの美し建築物&文化を
楽しくご紹介致します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
施工例 (20)
海外施工例 南フランス (4)
海外施工例 フランス北部 (7)
海外施工例ヨーロッパ (1)
Café&Sweets (2)
屋根以外の瓦活用 (7)
シャンブルドット&シャトーホテル (1)
イベント (7)
雑貨屋さん (7)
陶磁器 (0)
海外施工例 アジア (3)
焼物 (4)
お知らせ (6)
フランスの街並 南仏 (2)
雑誌掲載 (3)
国内施工例 プラット (8)
国内施工例 S形瓦(南欧タイプ) (17)
フランスの街並 北部フランス (6)
パリ (1)
フランスの文化 (4)
フランスの生活 (1)
イギリス・コッツウォルズ (7)
イタリアの街並 (4)
国内施工例 F形平板瓦 (3)
国内施工例 和モダン&古民家 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる