FC2ブログ
topimage

2020-07

シーサー ON THE フランス瓦♡ - 2015.03.25 Wed

沖縄の伝統文化"琉球瓦".
鮮やかな素焼きの赤色をしている為、”赤瓦”とも呼ばれています。

琉球瓦は、半丸形の女瓦と男瓦の2つのパーツを重ねて葺き、
その継ぎ目を漆喰で塗り固めて施工します。


こちらは、首里城の屋根です。

シーサー2




こちらは南欧伝統のカナル瓦=バレル瓦。こちらも琉球瓦同様、
半丸の形をした下丸と上丸を重ねて葺きます。

TU Canal Gélis détourée




琉球瓦と南欧瓦は、色や形状に共通点が見られます。
その為、沖縄では、赤色のフランス瓦は、”洋風住宅”だけでなく、様々な様式のお家に使われています。

こちらは、赤色のフランス製S形瓦‟プランシュッド Plein Sud Rouge”のクリニックです。

シーサー4



そして、こちらは伝説の獣シーサー。
沖縄では、魔除けとして屋根にシーサーが飾られているお家をよく目にします。

シーサー3



フランス製の赤瓦‟Plein Sud Rouge"の上にもシーサーが♪
琉球と南欧の文化の融合です♡

シーサー2



フランス瓦、南欧瓦、素焼き瓦につきましては、下記にご連絡下さい。

フランス瓦メーカー イメリスTC

フリーダイヤル 0120-06-8190


banner.png

スポンサーサイト



阿蘇の絶景と本格ピザが愉しめるとっておきの場所♪ - 2015.03.23 Mon

熊本県阿蘇郡小国町にある、イタリアンレストラン‟トレパッソ Tre Passo"

トレパッソ4




イタリア直輸入のピザ窯で焼く本格的なピッツァリアです♪
真っ赤な窯にお店の名前が可愛らしく浮かんでいます。

‟トレパッソ”とは、イタリア語で‟Tre”は数字の3、‟Passo”はステップの意味なのだそうです。
建築中の現場にお邪魔した際に、
お施主様のお父様が、お店の名前を教えてくださり、
『3人の息子が力を合わせて、一歩一歩進んで行ってくれるといいなぁ』
と、優しい眼差しでお話して下さったことを思い出しました。

トレパッソ5




先日、宮崎~熊本出張の際に、阿蘇の絶景と本格ピザを楽しみに♡
トレパッソさんに行ってみました♪
ところが・・・この日は生憎の雨で景色は見えず・・・。その上なんと定休日でした(_πдπ)

でも、雨の日の屋根のお写真が撮れたから、良しとしよう!

何故、雨の日の写真が必要かと言いますと・・・
イメリスTCのフランス瓦は、自然素材の素焼きのナチュラル感が特徴なのですが、
お天気のよってお色の印象が異なります。

お客様とのお打合せの際に、カタログの1枚のお写真だけでは、
お色のイメージを正確にお伝えするのは、ちょっぴり難しいのです(・・;)

そこで、できるだけ『ピーカンの日』・『曇りの日』・『雨降りの日』等、
イロイロな見え方をご案内して、

季節やお天気によって見せる表情の異なるフランス瓦。
自然素材ならではの、その変化を楽しんで頂けると嬉しいです*^-^*




トレパッソ1




こちらは、快晴の日のお写真です♪
お天気が良いと、こ~んなに素晴らしい阿蘇山の絶景に出会えます♡

トレパッソ3




本格ピザと阿蘇の絶景が楽しめるイリアンレストラン‟トレパッソ”さんについては、
下記をご参照ください。

ピッツェリア トレパッソ (Pizzeria Tre PASSO

熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺7910-1
TEL 0967-42-1313



イタリアンレストランにぴったりの、南欧タイプのフランス瓦につきましては、
下記をご参照ください。

フランス瓦メーカー イメリスTC HP
イメリスTC FB
フリーダイヤル 0120-06-8190


banner.png

海外生活で培ったご夫婦の価値観をカタチにした、こだわりの詰まったマイホーム♪ @静岡 - 2015.03.15 Sun

静岡県沼津市で素敵な輸入住宅のオープンハウスが開催されています♪
カリフォルニアに住んでいらしたご夫婦が、アメリカでの生活で培った価値観や
感性をカタチにした、おふたりのこだわり満載のお家です♡

静岡6


内覧会では、素敵なフレンチカントリー雑貨の販売も行われています。
本日と明日開催です!
予約制ではありませんので、お近くの方は是非足を運んでみられて下さい♪

静岡10

場所は、こちらをご参照ください。

http://shizuoka.mhgroup.jp/


お家の一部をご案内させて頂きます♪
素敵な女性社長セレクトのかわいい家具や雑貨が展示販売されています。
こ~んな素敵な空間が広がっています♡

静岡2


静岡7


静岡8


静岡9


社長自ら描いたパース図♪
インテリアとして飾っておきたい素敵な絵でした♡

静岡11



お施主様の外観のこだわりは・・・
カリフォルニアで身近にあった、大きな丸が印象的な南欧瓦の屋根。
スペイン・イタリア・南仏プロバンスのお家は、
殆どが、このようなま~るい形の瓦で葺かれています。
スペイン系の方が多く暮らすカリフォルニアでは、
‟スパニッシュコロニアル”スタイルとして、ま~るい南欧瓦は定番アイテムです。


静岡1


瓦を利用して、花壇を製作中♪
完成がたのしみです!

静岡5


静岡4



素敵なお家につきましては、こちら
をクリックしてください♪


プロヴァンス・スパニッシュ・イタリアンタイプの瓦につきましては、
お気軽に下記までご連絡下さい。

イメリスTC ジャパンサポート本部

フリーダイヤル 0120-06-8190
担当直通    090-8662-8190
E-mail imerystc-japan@imerys.com


banner.png

軽井沢の大人フレンチのお家&装飾瓦のお話♪ - 2015.02.19 Thu

本日は、パリ郊外の住宅地にあるような大人フレンチのお家を3棟ご紹介させて頂きます。

ここはフランス・・・?!
ではなく、こちら3棟は全て軽井沢にあるお家です*^-^*

総二階のシンプルでスマートなフォルムに、
ブラックのアイアンのバルコニーやペールブルーのヴォレが存在感たっぷりです♪

軽井沢1
【オメガ10 テールダデマール色 Omega10 Terre d'Adhemar】



こちらも、凛とした佇まいの総二階のお家。
白壁×落ち着いたお色味の素焼き瓦、シックな色調のヴォレがカッコイイお家♡
アーチ型のエントランスも素敵です♪

オメガ10 ヴュートワ色 軽井沢
【オメガ10 ヴュートワ色 Omega10 Vieux Toits】




こちらのカワイイお家・・・
童話の中の世界のようですが、軽井沢に実在するお家です♪

Poincon4.jpg



円錐屋根の頂点には、フランス製のこ~んな飾りがのっています♪
シルエットもカッコイイですねぇ*^-^*

Poincon8.jpg





こちらは、ベルギーやオランダに近いフランス北東部のお家。
北フランスをはじめ、ヨーロッパ北部のお家では、
急勾配屋根にこういった装飾瓦をのせたお家をよく見かけます。


Poincon10.jpg





こちらは、先日、家のお庭に傍若無人にはびこっているローズマリーをバックに撮影しました。
白雪姫と七人の小人の森の中のお家の雰囲気を出したかったのですが・・・
我が家のお庭では難しかったようです(笑)

Poincon3.jpg



ちなみに、この形の装飾瓦は、フランス語ではPoinçon(ポワンソン)=錐(キリ)の意味ですが、
国内では、通称“とんがり”と呼んでいます*^-^*

こちらの“とんかり”タイプの装飾瓦、日本に入荷しました♪
お色は、シェヴルーズ(Chevreuse)とアルドワーゼ(Ardoise)、素焼きの赤色系の3色がございます。





お写真の大人フレンチのお家をつくられた工務店さんは、素敵な北欧住宅も多数建てています。
詳しくはこちらをクリックして下さい。



フランス瓦、屋根の装飾瓦につきましては、お気軽に下記にお問い合わせ下さい。
イメリスTC ジャパンサポート本部
フリーダイヤル:0120-06-8190


banner.png



にほんブログ村 住まいブログ 屋根・瓦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




北国で実現した、スペイン・アンダルシアの白い壁&素焼き瓦のお家♪ - 2015.02.17 Tue

スペイン南部・アンダルシア地方コスタ デル ソル(Costa del Sol)。

太陽の海岸(Sol太陽 delのCosta海岸)と呼ばれる、
地中海に面する美しい海岸線が有名なこの地に、Mijas(ミハス)という村があるのだそうです。


ミハス村の建物の特徴は、白い壁と素焼きの瓦♪

Mijas image



本日は、そんな情熱の国スペイン・ミハスのお家を、北国・岩手で建てられたお客様のお話です*^-^*

Mijas8.jpg



フラメンコを習っていらっしゃる奥様は大のスペイン好き♪
ご自分で、スペインタイルを集めていらしたのだそうです(*^^*)


お手洗いも・・・

Mijas3.jpg



洗面も・・・

Mijas4.jpg


キッチンも・・・

Mijas2.jpg


至る所に、存在感たっぷりの素敵なスペインタイルがお家を彩っていました♪


お家をご案内して下さった奥様が、
『思い入れの深いスペインタイルがピッタリの素敵なお家ができました!
 念願だった、私のフラメンコと、娘のピアノの為のお部屋も作って頂きました♪
 主人には、魔女部屋と呼ばれています(*^^*)』
と嬉しそうな笑顔で話してくださったのがとても印象的でした。

お施主さんと工務店さんの二人三脚で、素敵なお家づくりをされた様子が目に浮かぶようでした(*´∇`*)

Mijas9.jpg




白壁とスペインタイルが印象的な中庭=パティオ♪


10年以上前ですが、スペイン南部のムルシア(Murucia)という街に、数か月滞在していたことがあります。
小さな田舎街でお隣近所み~んなお友達、といった感じで、
いつの間にか、親戚のオバサンが裏口から入ってきて・・・
ご近所さんもいっぱい中庭に集まって、特大パエリア鍋を囲みながらみんなでおしゃべり♪
そんな風景を思い出しました。


北国にある、本格的なスパニッシュのお家。
このパティオは、家族みんなが笑顔いっぱいで集う、あたたかみ溢れる素敵な空間なのでしょうね♡

Mijas1.jpg



最後に・・・どうしてスパニッシュのお家なのに
スペイン瓦ではなく、フランス瓦なの?!と思われた方もいらっしゃると思いますので、
ちょっとだけ、フランスとスペインの瓦についてお話させて頂きます。

スペイン・イタリア・南フランスは、形の似たま~るい瓦が伝統的に使われています。
その昔、ローマ人が南欧全域に伝えたと言われていますので、
国は違えど、スペインでも南フランスでも、同じようなま~るい瓦(カナル瓦・S形瓦)は、
南欧のほとんどの国で見られます。

それでは、違いは・・・?!と言いますと、
形は似ているのですが、其々のエリアで採れる土の質が異なります。
土の成分によって、瓦を焼く温度が変わります。
一般的に、高い温度で焼いた瓦の方が、水を吸う吸水率が低く、寒さに強いと言われています。

アンダルシアはとても暖かいエリアです。
フランスも、南欧は穏やかな気候ですが、
実はフランスの緯度は北海道と同じ。
そして東部はアルプスに面しており、寒さが厳しいエリアも沢山あります。

そこで、今回、寒さの厳しい北国でのスパニッシュスタイルのお家には、
寒さに強い、フランス瓦“オメガ10”をお選び頂きました*^-^*

デザイン的には、お施主様のご希望通りのスパニッシュスタイルで♪
品質的には、標高1000メートルのアルプスの山小屋でも使われているフランス瓦で、
ご安心とご満足を頂けたようです(*^^*)



素敵なスパニッシュスタイルのお家につきましては、
こちらをクリックして下さい。



寒さに強い、南欧瓦につきましては、お気軽に下記までご連絡ください。
イメリスTC ジャパンサポート本部
フリーダイヤル:0120-06-8190


banner.png



にほんブログ村 住まいブログ 屋根・瓦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

イメリスTC JAPAN

Author:イメリスTC JAPAN
フランス瓦の施工例や、
ヨーロッパの美し建築物&文化を
楽しくご紹介致します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
施工例 (20)
海外施工例 南フランス (4)
海外施工例 フランス北部 (7)
海外施工例ヨーロッパ (1)
Café&Sweets (2)
屋根以外の瓦活用 (7)
シャンブルドット&シャトーホテル (1)
イベント (7)
雑貨屋さん (7)
陶磁器 (0)
海外施工例 アジア (3)
焼物 (4)
お知らせ (6)
フランスの街並 南仏 (2)
雑誌掲載 (3)
国内施工例 プラット (8)
国内施工例 S形瓦(南欧タイプ) (17)
フランスの街並 北部フランス (6)
パリ (1)
フランスの文化 (4)
フランスの生活 (1)
イギリス・コッツウォルズ (7)
イタリアの街並 (4)
国内施工例 F形平板瓦 (3)
国内施工例 和モダン&古民家 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる